FC2ブログ

【DJペリーコのサルサコラム2】Viernes Social

Posted by 埼玉サルサ | LATIN WAVE on 10.2012 サルサコラム 0 comments
日本で行われてるラテンパーティで思う事。
それは男性陣は元気なく、自信なさそうに見える人が多い。
なんだか色気がない。
思えばそれはラテンパーティだけの現象ではないのかも。
電車の中のサラリーマンも同様な雰囲気があるから。

連日仕事や諸々に追われエネルギーが擦り切れてしまってるのか
それとも巷でよく言われてる草食化によるものなのか
理由はわからないけれど。

ラテンでは男女とも老若問わず色気あるのが良しなのに。

サルサには男とはかくあるべきというメッセージが
含まれているモノが多いです。

例えばこんなサルサがあります。

*********

Viernes Social(金曜の夜の社交)/Cano Estremera




男が金曜に一晩だけの女性を探しに行く
車をピカピカに磨いて、ガソリンを満タンにして
カッコいい服で決めて、美容室へ髪を整えにいき
夜10時にサンファンのナイトクラブに気合いを入れて出かける

そこで一人の女性と知りあう、その子はほかに3人の女友達と一緒だった
何曲か一緒に踊ってるうちに彼女は自分に好意を抱いて悩みを打ち明けてきた
そして自分も孤独に打ちひしがれ悩んでいる話をして甘いムードを作った
それで彼女は自分に恋焦がれた目を輝かしながら好きと言ってきた

夜中の12時を過ぎた頃、自分は彼女に愛し合いたいことを告げたら
彼女もそれに応じた
それで彼女を自慢のマイカーに乗せ、ホテルに連れて行き愛しあって楽しんだ
その後彼女を女友達のもとへ連れて帰り、そこでさよならした
最高の夜だった。どうもありがとう神様!

彼女は一晩だけのパートナー
名前もどこに住んでるかも知らないし、彼女も自分に聞かない
もう二度と会う事はない
まるでそれは一晩の夢だったように
そのパターンを毎週違う女性に繰り返す

まるで恋愛ドラマのようなパッションあふれる一時的な愛は
ドラマが終わるまで、終わった後はまるでなにもなかったように
この短時間の中で二人は愛の約束をした
だけど約束はするけど守らない
それはロマンティックな雰囲気の中だけの互いの暗黙の了解
それが自分達の生き方

もしこんなかっこいい自分とそういう一晩の愛をしたいなら電話してね

電話番号は○×○○×○××

*********

この曲の歌詞を紹介すると女性からの反発を招くかと若干躊躇します。
でも男はフタを開ければ皆大体こういうものだと自分は思ってる。
一見、おとなしそうで人畜無害そうに見える男でもね。

しかし日本のフロアを見渡すとまるっきり健全そうに見える。
ノンアルコールカクテル?そんな風情。
モチロン健全が悪いというわけではないのだけど

でもそんなに静かに収まってばかりいずに、
もう少し男らしさ(積極性や女性を誘惑すること)を
体現してもいいのではないか?
ラテン的なViernes Socialのように・・・

このサルサを聴き、週末はちょっとめかしこんで
パーティに出かけてほしい。
仕事は少し脇において。人生は楽しむためにあるのだから。
(ちょうど今週土曜に自分がDJするパーティあるんで!)

そしていつもパーティに来てくれてる人は
出かける前に少しはこのサルサのことを思い出してほしい。
このような歌詞に自信なさげな振る舞いは似合わないでしょ?
行ったからには女性をダンスだけではなく誘いましょうよ。
たとえ日本で"始めて会ったばかりで.."というモラルがあるとしても。

このように80年代のサルサにはラテン的な男らしさを
前面に出す歌詞が多いのが特徴です。

Cano Estremeraは70年後半から80、90年代に活躍した
プエルトリコ人で、アルビーノであることを自慢に
プレイボーイさを売り物にしているナルシスト系人気歌手。
ボビーバレンティンのプエルトリコ系レーベル"ブロンコ"の看板を務め、
特にコロンビアのカリでは絶大な人気を誇っています。
大のお酒飲みでライブ後の打ち上げではいつも酔っ払って
寝転がっているという噂。

カリのサルサバーではこの曲がかかると
酔っ払ってテンションの高い男達が声を張り上げて歌っていました。


*パーティのお知らせ
8月18日(今週土曜日)池袋カリビアンカフェにて
自分がDJするパーティがあります。
是非遊びにきてください!
熱い夏をさらに盛り上げます!
パフォーマンスやプチライブもあり!

LATIN WAVE vol.10 (詳細は↓)
http://saisal.blog136.fc2.com/blog-entry-51.html
スポンサーサイト

【DJペリーコのサルサコラム】プロローグ

Posted by 埼玉サルサ | LATIN WAVE on 05.2012 サルサコラム 0 comments
DJ Perico(ペリーコ)です。
これから自分のサルサコラムをここで不定期連載していきます。

コラムを書くにあたって簡単に自分のサルサとの出会い、
そしてその遍歴について紹介させてください。

*  *  *  *  *  *  *

自分は過去10年ほど南米各地に滞在していました。
その時に出会ったのがサルサです。
瞬く間にその魅力に取りつかれ、すっかりサルサフリークに。
そして南米滞在の10年間は毎晩サルサパーティに通いハジけまくってました。

ニューヨーク、キューバのハバナをはじめとする様々な場所で
踊り明かしましたが、その中でも一番魅了されたのが
コロンビア・カリです。
カリでは毎晩パーティが行われており、月曜日から日曜日まで
びっちりと踊ることが出来ます!!
もちろんお酒はカリのアグアルディエンテ・ブランコ!!
(サトウキビから作られるお酒)


カリでは60',70',80’のOLDプエルトリコ及びニューヨークサルサがメインでよくかかっていました。
人気どころはEl Gran Combo、Bobby Valentinなどのプエルトリコサルサ。
年配の人達が集まる店では60年代のブーガルー、Tito RodríguezなどのMAMBOが人気でした。
踊りのスタイルはカリの有名なスタイル”プンタデルピエ(つま先踊り)”で踊ります。
ターンはあまりしません。

カリでは月曜はカニャンドンガ、火曜はシボネー、水曜はメロディア、
木曜ビリーズゲーム、金曜土曜どこでも!、日曜はティエンダ ビエハ
という感じでサルサスペシャルデーのバーが決まっており、
平日であろうがそれらのお店はいつでも大混雑でした。

カリのサルサ人達はサルサをあまりに知り過ぎてるためか
地元コロンビアのサルサをちょっと軽く見ている節があります。
コロンビアのサルサバンドはニューヨーク在住のプエルトリコ人
Richie Ray & Bobby Cruzの影響を強く受けています。
それはRichie Ray & Bobby Cruzがコロンビアにサルサを持ちこんだからです。
故に人々はコロンビアサルサが影響を受けたそのオリジナルにあたる
本場プエルトリコ、ニューヨークのサルサを好んでよく聴くのです。

その後、自分もカリでサルサテカ(サルサクラブ)を持ちたいと強く思うようになりました。
いろいろと物件を探しましたが中々よい巡りあわせがなく、
最終的には友人を頼ってカリブ海沿岸に位置し世界遺産もあるカルタヘナという美しい街でサルサカフェ「LA MURGA」を始めました。
(LA MURGAはパナマの流しの音楽隊の意味でウィリー・コロンとエクトル・ラボーの名曲)

お客さんはカリのサルサと同じノリかと思いきや、これが大違い。
カルタヘナでは島っぽいサウンド、よりアフリカ的なリズムの効いたサルサが主流でした。
コロンビアといっても地域により好まれるモノが全然違う。
この国の多様さを感じました。

今、日本に戻ってきて地元のさいたま市、そして都内で行っているイベント”LATINWAVE”でDJをやってます。
パーティ野郎の本場仕込みのサルサをあなたに!
そしてバチャータ、時々キューバのTIMBAで味付けしたDJを楽しみに来てください!

一人でも多くの人にサルサの豊かな魅力を知ってもらえるように
フロアを盛り上げてます!

次回もDJペリーコのサルサコラムをお楽しみに!


DJ Perico

【まめ日記】まめの「バチャ天」潜入記!?

Posted by 埼玉サルサ | LATIN WAVE on 02.2011 サルサコラム 0 comments
先月、六本木に、バチャ天、ことバチャータ天国を覗きに行ってみました。

バチャータの技全く知らないのに、なんて大胆なまめ。

7:30pmからバチャータレッスン付き、1ドリンク付きで1800円、追加ドリンク500円(これは安い!)

んなことはどうでもいいとして、まめは仕事が終わらないから8:00pmから参加。

途中からなんて、何だか上手い人みたいwww 会場に到着したら、やってる、やってるバチャータレッスン♪

でも、凄いよ! かなりの密着度。。男性が女性の後ろに回り女性の腰に手をかけて・・・

無理!あんなのまめには無理! ラテンダンスを知らない普通の日本人が観たら様々な誤解を生むだろう、

「あれはランバダだあー!」とか。。


やがてレッスンも終了、DJタイム、はあ~い! 大宮のレッスン時代からのお友達、H美さんに挨拶、早速

一曲踊ってもらう、でもサルサ。 つぎもサルサ、バチャータ天国だからバチャータばっかりじゃなかったの?

振り返るとサルサ5割、バチャ3割強、残りはメレンゲ、くらいの割合かなあ。。

サルサでも踊っている人たちを見るといつもTさんに教わっているサルサと、微妙に違うみたい。

最近存在を知ったけど、On1 LA の人が多かったみたいです。


9時を過ぎると、さらに人、人、どんどん増えて来る。。そんな中、お誘い頂いたH子さんがやってくる。

挨拶もそこそこに、さらにぎゅうぎゅう詰めになった会場で、殆どベーシックだけのバチャ踊ってもらう。


そして、お待ちかね、パフォタイム! 3組のパフォがあったのですが、なんでもトリの「タキマノ」と

いうペアが有名で、みんなそれ目当てだと言う。 素晴らしくセクシーで妖艶な踊りを披露、確かに

見る価値アリ! でも、もっとビックリは、タキマノさん達の年齢。 

合計で:ひゃくじゅうN歳!!!!!!!   まめも、まだまだいけるぞ、これは!?


パフォが終わったあとはさらに続くDJタイム。 もう息苦しく限界!!

お手洗いに行くと思わず深呼吸。お手洗いの空気の方がキレイなのである。

あとで聞いたけど、200人近く集まったそうです。 大宮にも少しわけて下さーい!


もういっか、と「壁のシミ」を決め込んだその時、  

「踊っていただけませんかー」

なに、このまめと? 「私、技とか殆ど知らないんですがあ・・・・ああ・・」

まめ、おまえはなんて甲斐性のない奴、女性から誘われるとは!

自分から誘うのだ、もっと心を強く持て、まめよ!!!!!!


始めてのバチャ天を経験し、楽しくもあり、反省点もいろいろ。 11時前に帰途につく。



【まめ日記】ペアになると・・・

Posted by 埼玉サルサ | LATIN WAVE on 04.2011 サルサコラム 0 comments
昨晩は、大宮Clib & Bar Cargo に行って参りました。

またまたKaoruriさんにお世話になりました!ありがとうございます。

重大問題が未解決。 リズムから微妙に外れてしまうのです。

ディレケノも未だにダメだし、エンチューフラは遅れるし・・・

これって、俺、踊れてないってことじゃんorz

一番大事なことですね。。。

明日は埼玉deサルサイベント:ラテンウェーブじゃないの!!!

気分を入れ替えて、問題点はしっかりと向き合って、がんばらないとね。

あっ、それから昨夜は ちびまささんにご来店いただきました!

ちびまささん、「速いっ、まめには無理っ!」という曲でも、

全然速さを感じさせず、楽しそうに踊られます。

あんな風に踊れればいいなああああ。。。。。。

ちびまささんのことば:「LAとかキューバンとか関係ない、リズムに乗って楽しめればいいんだよ。」

なんだか深いなあー

【まめ日記】まだまだまだまだ・・・・

Posted by 埼玉サルサ | LATIN WAVE on 21.2010 サルサコラム 0 comments
20日、また六本木のTokuさんのレッスンに行ってきました。

万全を期して望んだベーシックステップでしたが、またまた、新しい問題点を指摘いただきました。

時々踊って頂くかたからも、アドバイス、まめの場合、床を踏むショックがリードする手に

伝わってるようです。 なめらか~に、ねっとりと。。。

 いままで何故か敢えて抑えていた、1と5の左右の腰の動きを強調してみると、少しなめらかになった、かな。

今までの問題点を頭の中でジグソーパズルのように繋ぎあわせて、何曲か踏んでいます。

それから、ライトターンの問題点も一つ。。

何だか、チョー大変だけど、チカラを抜いて、リラックス、苦しみを 楽しさへと変えながら、

今度は、次木曜日のClub & Bar Cargo のラテンナイトへ!







 HOME 

プロフィール

埼玉サルサ | LATIN WAVE

Author:埼玉サルサ | LATIN WAVE
Bienvenidos! 
サルサを踊ろう!地元さいたまのラテン度を上げていきます!"LATIN WAVE"、"木曜ラテンナイト"、"日曜午後のサルサ"と3本のイベントを開催中!ハウスバンドLos Corazonesも活動中。ダンスパフォーマンス活動も不定期で開催!

Twitterもフォローしてね!

Facebookページ

いいね!ボタン押してくださいね。

ご注意

当ブログ内の全ての記事及び画像を許可無く転載、転用することを禁じます。
(C) 2012 LATINWAVE

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR